2017年2月24日 (金曜日)

スキーをする

スキーをした。
毎年1回位は滑っていた。
それもコーチについて。
コーチは、教えるのが好きだが、生徒は教わるのが嫌いだ。
コーチのように滑れないから教わっているが、そうはできない。出来ないからということを上手く伝えることもできない。イライラする。
積極性がない生徒である。どちらでもいいような顔をするとコーチは機嫌が悪い。当たり前である。
でも、どっちでもいいのだ。上から下に滑れれば。
そういうと身もふたもない。

しかし、今年、コーチのイメージと僕のイメージが少し合った。
それは、スキーのイメージではなく、おじさんのイメージである。ああ、このおじさんは僕と同じおじさんだと思えた。すると、スキーがくるんと回った。

| | コメント (0)

2016年2月21日 (日曜日)

アフリカに友達ができる

Image

ザンビアに行くことになったのが去年の11月頃。たぶん。
それから、チケットを取る。経由地は、ロンドン、中東、香港、シンガポールがある。乗り継ぎ時間、飛行距離の関係では、香港かシンガポールがいい。それでも27時間ぐらいはかかる。春節と重なり、キャセイパシフィックは混んでいるので、シンガポール航空にする。
そも後、準備もせず、ガイドブックを読まずに当日になる。
機内持ち込みのバックで行こうと準備をしていたが、持って行こうと買ったお菓子が入らず、大きなスーツケースになる。
羽田16時の便でシンガポールに。ここまで6時間。乗り継ぎに4時間。シンガポール空港のターミナルで少し迷う。次は、南アフリカのヨハネスブルグまで10時間。飛行機席は空いており、3人掛けに横になって寝る。
ヨハネスブルグの空港で日本人はカップを発見。直ぐに声をかける。すると、新婚旅行らしい。迷惑も顧みず、話をしていたら、ビクトリアフォールズまで一緒に。どこに泊まるのか?と聞くと、ホテルも一緒にだという。なんと奇遇。そのあと、日本人に会うことはなく、この二人だけだった。
3時間ほど待ち、ビクトリアフォールズまで3時間。羽田から27時間ぐらいかかったことになる。
Image_2
空港では、Tさんの夫Dの友達が迎えに来てくれていた。名前が書かれたボードが何枚も掲げられている。こういうことは雰囲気で誰だかわかるものだ。

Image_2

| | コメント (0)

2016年2月11日 (木曜日)

アフリカに来ている

Image_3

森を見ている、1日。

| | コメント (0)

2015年12月 1日 (火曜日)

習う

習う。水泳を習う。楽器の演奏を習う。英会話を習う。
習い事は中年以降には重要だ。

教える頭ばかり使っていると、動きが悪くなる。
習う頭は、それまでと違うから回路が働く。
特に、身体を使う習い事は重要である。右と左が、足と手が自分の思うように動かない。
今習っている弦楽器では、左手と右手を一緒に使うから、もう、こんがらがる。イライラしてくる。このイライラを我慢することが人間関係に役にたつ。

先生の話を素直に聞く。どうしてと思う前に黙って聞く。そんなことできないと文句を言わずに聞く。この聞くという姿勢が結構難しい。
これは夫婦関係に役に立つ。

そして、グループで演奏する。
人に合わせて弾く、間違えても知らん顔で弾く。最後だけは合わせるように弾く。そしてお辞儀をする。
グループではなんとなく仲間のような顔をしている。これは、長生きに秘訣だと思う。
最後は、にっこり終わりたい。

| | コメント (0)

2015年8月 1日 (土曜日)

アルバイトのお姉さんは優しい

Image_2

ネパールのビザを取りに大使館に行く。
マンションの一室のような大使館である。玄関には守衛もいない。ドアを開けて勝手に入って行く。

申請書は事前に用意しておいたので、受け取りを郵送にするため返信用の封筒に切手を貼り、手数料3,000円を支払う。

| | コメント (0)

2015年7月 4日 (土曜日)

Image

金沢に来ている。
最初に北陸に来たのは、多分高校生の時だと思う。
初めての一人旅だった。
能登を回っていた。歩いていた。
高校生としては、バスに乗らず、旅は歩くものだと思っていた。
でもすごく疲れた。すごく疲れたふりをしていたら大学生のお姉さんにナンパされた。
三人組のお姉さんが声をかけてくれ、車で一緒に回ろうという話になった。
はいと言うしかない。それ以外の選択は高校生の僕にはなかった。
車に乗ると楽しかった。いろんな話を聞いたが、その全てを忘れた。
覚えているのは、事故を起こしたことだけだ。
天気も良く、順調に観光名所をまわっていた。あまりに調子がよかったからか、カーブを曲がるとき車がどこかに擦れ、ガリガリという音がした。
すぐに止めて車の横を見ると、やっぱりという感じでキズが1メートルほどはっきり付いている。こすって隠れるようなものでもない。
車は友達の友達から借りたものらしい。車内はすっかり暗くなり、会話も少なくなった。
もちろん僕も小さくなり、早く駅につかないかと思っていた。

しばらく走ると小さな駅が見えてきた。ここでいいです、ありがとうございました。この先も気をつけて。なんて、余計な挨拶をして、手を振って別れた。

それからは、電車に乗って旅を続けた。

| | コメント (0)

2015年3月23日 (月曜日)

愛は永遠に

Image

| | コメント (0)

2014年9月22日 (月曜日)

そのセーターは5万円

Image_3

素敵なセーターに出逢った。

でも5万円だった。

それが高いのかどうかは価値観次第だ。

僕は買わない。

それを買ってしまう少年は、すかりお金が無くなり苦労する。

苦労してもかっこいい洋服を着るか、いつも同じ服を着るか難しい問題かもしれない。

経済って、無駄が多いもんだよね。

このトウキビには無駄がないけどね。

| | コメント (0)

2014年9月10日 (水曜日)

猫が来る

Image

黒猫が来た。
たぶん飼い猫だろう。人懐こい。
これがなかなか問題児で、色々な騒動を起こすんだな。

| | コメント (0)

2014年7月22日 (火曜日)

早く座りたいのか

空港で登場を待っている。

飛行機は全員が揃うまで出発しない。席も決まっている。それなのに並んでいる。
しかも、優先登場しようと金のカードを持ったスーツ姿が並んでいる。

彼らは、日本では飛行機に乗る金持ちは男が多い、少しでも早く座りたいのか。
そうせ、広めの席に座るのだから、そんなに急がなくてもいいのに。それに、一番前の席だから、最後にはのればいいのに、と思ったりする。

金持ちはなんでも一番がいいのか。

その頃、彼らの奥様はのんびり買い物をしているのだろう。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧