« 見つめるようで 見られている | トップページ | 歳を取っても苦労がなくならない人生って »

2017年12月28日 (木曜日)

移民がいない街

カウリスマキの希望の彼方を見た。
中東からの逃げ、フィンランドに難民申請をする青年の話である。
フィンランドは、民主的な街だと聞いてきた。しかし、そこは他のヨーロッパと同様移民が多い街である。
つまり、混沌としている街。
日本は、混沌としているのに移民が少ない。
異なる人を受け入れない。物や仕組みは入れても、人に対しては排他的、差別的である。

このシステムが素晴らしいとどこかで思っている。
平和だと感じている。

しかし、それは嘘だと、例の事故以来明らかになった。

それでも、その嘘を信じさせる事に一生懸命になっている人がいる。

青年を助けるのは、弱い側の人たちである。
じわじわとせまる、戦争の空気ーそれがお金で救えるような気分を、誰が救えるのだろうか。

|

« 見つめるようで 見られている | トップページ | 歳を取っても苦労がなくならない人生って »

あいまいの知」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見つめるようで 見られている | トップページ | 歳を取っても苦労がなくならない人生って »