« なぜ | トップページ | デンマークスタディーツアー研修報告 »

2017年9月20日 (水曜日)

壊すことから

生物は壊すことに熱心だと福岡教授は言う。
壊すことは、作ることに繋がるが、生物として終焉を迎えようとしている私にとって、作られるものは何だろう。
そんなことを考えながら穂高でカツを食べている。
カツが栄養にはなっても、これが新しい脳の一部にはならないような気がする。それは程に壊され続けているから。
しかし、生きているという事実は、何かを作られているという事実でもあり、山を登れるということであり、まだまだ感動できる心もある。
捨てたものでもない。
でも、たくさん捨てている。

|

« なぜ | トップページ | デンマークスタディーツアー研修報告 »

ゆれる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« なぜ | トップページ | デンマークスタディーツアー研修報告 »