« 他者と個人 | トップページ | 貯金をしなくても豊かな生活とは »

2017年6月13日 (火曜日)

スタディツアー

デンマーク訪問で一番の収穫は、来年スタディツアーを企画できそうになったこと。
デンマークの福祉理念を専門家との共に学ぶツアーを企画したい。

今回の訪問で、現場とのコンタクトを持つことが可能であり、手作りのスタディツアーができそうだ。
現時点での構想は。
1.参加者は事前研修に参加し、デンマークの福祉理念、システムを頭に入れる。
2.デンマークに関する文献を読み、自分なりの疑問点を整理する。
3.研修のテーマを持ち、テーマに応じた施設、機関、人のリクエストを作る。
4.テーマに即した発表の機会を持つ。
というような、よく行われている視察とは違う、参加型、テーマを深める、あるいは、個人研究を進めるスタディツアーにしたい。
また、研修中の宿泊はホイスコーレという、デンマークの成人教育施設に泊まり、交流が期待できる。この場で、各自の実践報告を行うことや、ワークショップを企画したい。

日程は、2018年6月
期間は、土曜日集合、次の日曜日解散の1週間
募集人数は、最低5人、最大10人
6人から8人ぐらいがベスト
参加費は、宿泊、食事、研修、移動を含めて15万位かな
オプションとして、ヘルシンキ、タリンを訪れることができる。今回、回ってみて、楽しさは伝わったと思いますが。

デンマークの福祉、教育、医療を学ぶことが、協力社会、福祉社会を考える上で大きな意味があると感じた。それは、システムとしてだけでなく、むしろ、理念を考えることや、人生を考えることにつながります。あなたの人生をもう一度問い直すために、一緒にデンマークにを行こう。会社なんか休んでしまえ。

関心のある人はメール下さい。

|

« 他者と個人 | トップページ | 貯金をしなくても豊かな生活とは »

あいまいの知」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 他者と個人 | トップページ | 貯金をしなくても豊かな生活とは »