« 貯金をしなくても豊かな生活とは | トップページ | デンマーク研修のチラシができました。けど、写真が写っていないのが残念 »

2017年6月25日 (日曜日)

独立して生きる意味

子どもが18歳になると親元から離れて独立する(一人暮らしを始める)国は多い。これは文化や宗教の関係から日本と比較することは難しいかもしれないが、子どもが18歳で一人暮らしを始める意味は大きい。

デンマークでも同様に、国民学校を卒業する頃になると一人暮らしをすることを若者に要求するようだ。(最近ではそれが遅くなる傾向がある)
これが障害を持った若者にも同様に行われるところが徹底している。これは、合理的な理由がない限り皆を平等に考えるという人権思想があるからだろうか。
日本の場合は、障害者が一人に暮らせるだけの社会的条件(環境)がないから、一人暮らしをして危険な目に合わせたくない、親元で安心して暮らした方がいい、となり、親が障害の子どもを抱え込み、福祉サービスを利用しながら生活をする。その後、親の支援が限界になる時に、施設に収容する。
一方の国では、成人とは一人で暮らす人と意識され、教育も一人で暮らせるだけの知識と技能を身につけるものと認識される。したがって、一人前の人になるように教育してきたのだから、18歳になれば当然独立することを期待する。そして、障害があることがそのことを妨げることはない。
そう考えると、一人暮らしの障害者に対する十分なサービスを考えなくてなならない。この辺が理念先行の国と、感情先行の国の違いであろう。
障害者のアパートをどうするか。生活支援サービスをどうするか、訪問サービス、通所サービス、そのための送迎をどうするかを考え、在宅一人暮らしができるための新しいサービスを作り出しそのシステムを作る。もちろん、そのための法律も作る。
では、施設サービスはどう考えるか?施設サービスはある、しかし、収容型の施設サービスは極力作らない。それは、収容することに対するアレルギーだと感じる。収容型のサービスは、ナチの収容所を連想させる。つまり、収容することは人権を奪うことにつながると考える。
この辺は日本でも同様である。身体拘束を考えた場合、認知症の人を拘束することが人権侵害だと言われるようになった。しかし、認知症の人が外に出られないように鍵をかけることは安全対策だと言われるが、もちろん、これも身体拘束である。
でも、外に出たら危険だと対応の正当性を主張する。人権より安全性をとね。
これは人権に対する思想の未成熟さからきていると感じる。
認知症の人が一人で外出しても安全な国を作ることが重要であるが、行なっていることは、危険が起きないように収容することである。
話がそれるが、30年前、児童養護施設の研修でオーストラリアを訪問した際、同じようなことがあった。
虐待等の子どもの権利侵害に対して日本では早期介、入親子分離、そして、施設収容が重要だと主張したのに対して、オーストラリアの担当者は、施設収容は法律で禁止されているといった。
なので、家庭に問題があるのなら家庭を治療することが必要であり、家族間の交流をモニタリングし必要に応じて修正するプログラムが必要であるといった。日本の関係者が、それでは時間がかかり、家庭内で起きる現象を見ることができないのではないかと質問すると、できると答えた。それは、観察できる家を作り、問題家庭の家族をそこに住まわせマジックミラーでモニタリングし、その家から会社に、学校に、地域に出かければいいと話した。
このギャップはとても大きい。
話を戻す。
18歳になると子どもが自立する社会では、親の自立も進む。様々なサービスが開発される。女性の社会参加も進む。
これは、高齢化社会を考える上では大きい。末子が18歳になる頃は、親世代は40代から50代である。残りの人生を考えると、まだまだ働くこともでき、遊ぶためのお金を使うこともできる。こうした人生サイクルを作り出し、就労環境や余暇環境を大きく変えたのがデンマークだ。

|

« 貯金をしなくても豊かな生活とは | トップページ | デンマーク研修のチラシができました。けど、写真が写っていないのが残念 »

あいまいの知」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 貯金をしなくても豊かな生活とは | トップページ | デンマーク研修のチラシができました。けど、写真が写っていないのが残念 »