« 平均的な面接 | トップページ | スローなスローな生活2 »

2017年5月28日 (日曜日)

スローな生活①

真木に通い35年

そんなに経ったのかと思う反面、やっと馴染んできたと感じる。

メンバーでない、そこに住んでいない僕が、真木に馴染むためにはそれぐらいの時間が必要だった。

スローな生活は、経済性・効率性・合理性がなく、非管理的で平等性が高いと感じる。何しろ、山を2時間近く登り、夜になると写真の茅葺屋敷以外に光はない。

何もないように見える場所であるが、時間だけはたっぷりある。そのたっぷりある時間に対話をする。動物と山々と、光や水の音と。そして自分自身と。

こんなに自分と向き合う時間は普段持てない。

35年の人生を振り返る。

それも一つ一つ。

何もしてこなかったこととを反省し。それでも生きてきたことを喜ぶ。

Img_1377

|

« 平均的な面接 | トップページ | スローなスローな生活2 »

あいまいの知」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 平均的な面接 | トップページ | スローなスローな生活2 »