« 2017年3月 | トップページ

2017年4月

2017年4月 9日 (日曜日)

立会いが大事

どうも医者と意見が合わない事が多い。
そうでなくても頭が硬くなっているので、相手の言う事が理解できないと、何度も質問するので嫌な顔をされる。
病気に関する認知が決定的に違っている。
僕は生活に支障がない状態を病気とは思わないが、彼らは、多くの場合男性、数値で正常と異常の、病気と元気の区別をする。
そもそも病院を訪れた人を病人扱いをする。
そうである場合もあるが、病気かどうかを求めている訳ではない。

では、何を求めて病院に行くかといえば、双方向の語りである。
そんな時間がないので、すぐに 物言いになる。

| | コメント (0)

2017年4月 7日 (金曜日)

穴を掘って音を聞く

少年が暗い顔をしている。
これは可能性の問題だと感じた。
将来に対する可能性のある、そう信じている者にとって、将来は不安と期待が入り混じる存在である。考えるとそれだけ暗くなる。
老人は将来なんか考えないから、暗くなる前に、すでに絶望している。
自分があると思う者は自分に絶望する。
一貫した自己なんてないと思えば、目の前の食べ物を食べるしかない。

毎日を毎日のように送ること、これをそれに引き継ぐことで前に進める。
そう言ってやりたいが、耳は下を向いている。

| | コメント (0)

わからない部分

映画を見る事が多い。
しかし、すぐに忘れることも多い。
昨日見た映画は、途中眠かったこともあり、なんだかモヤモヤしている。
2回目を見る。
前回よりよくわかった気がする。
そういえば、昔、映画を見るときは、途中から入って、最後まで見て、そのまま、次の回のはじめから見て、面白かったら三回目を見た。
外に出ると暗くなっていたが、映画を見たなーという気分になった。
さらに、気にいると、再び映画館に通った。

歌もそうだった。
好きな歌を何度もレコードで聴いた。
そうして、身体に少しづつ刷り込んで行き、次第に身になる。
そんな風にしか物事が身体に入らない体質なんどろう。
昨日見た映画の中で、少年がいう、俺の気持ちなんか分からないだろうと。
そう、君の気持ちがわからなかったから、また来たよ。

| | コメント (0)

« 2017年3月 | トップページ