« 若い気になる | トップページ | スタバで »

2016年11月 1日 (火曜日)

その話を聞きましょう

子どもの声を聞く。

子どもだった私は、子どもの気持ちが少し分かるような気がする。
傷ついた子どもの傷に触れない事が、大人の嗜みだと思われている。すると、当たり障りのない事しか話せなくなる。大人の場合なら、色々事情があり、マア、なんとか、ぶつぶつ、と、いい加減な事を言っていても、話にならなくても、その場の雰囲気で過ごせる。
でも、子どもは、自分に起きている事の重要性や大切さや、意味や価値がわからない。だって、初めて自分に起きた事だし、映画や芝居や、ドラマや小説をたくさん見ている訳でも、人の噂や世間話を嫌ってほど聞いている訳でもないから。
そこのところを誰かに聞きたい。でも、聞いちゃいけないとなんとなく感じる。それは大人の雰囲気から。
自分が傷つけられたのに、また、親切な大人からも傷つけられることになる。

だから、誰かがきちんと話を、そのドラマを聞いてあげないといけない。そして、その意味を伝える事が重要だと思ったんだ。

|

« 若い気になる | トップページ | スタバで »

あいまいの知」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 若い気になる | トップページ | スタバで »