« 物語の外から訪れる他人 | トップページ | 百聞は一食にあらず »

2016年2月27日 (土曜日)

不在という存在

そこにいるのに見えないし人のことを無視していた。
そのひとは、怒りを抱えていた。それは、私を理解していないことではなく、私が見えているものを見ようとしない僕の姿勢に怒りを表現していた。

私たちは今ここを大事にしているにも関わらず、そこに居る見えないものを見ようとしない。
見ようとするだけでは見えない、感じることが、感性が大切なんだろう。

|

« 物語の外から訪れる他人 | トップページ | 百聞は一食にあらず »

あいまいの知」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 物語の外から訪れる他人 | トップページ | 百聞は一食にあらず »