« それは絶えず変化する | トップページ | タンブン »

2015年12月13日 (日曜日)

気持ちがいいを探す

気持ちがいいを探して電車に乗っていた。
あと二駅で降りる頃、気持ちがよくなってきた。すごく気持ちが良くなり、意識が遠のいていく。
発車のベルが子守唄のように聞こえる。
次の瞬間現実に戻った。
気持ちよくない気分は人生にとって必要だという。
家に帰るとそんな気分を与える人がいる。彼は、人生に立ち向かっている。当然、戦いのオーラがムンムンである。
このオーラは、吸収したほうが良いのだろうかと少し考えるが、気持ちよくないものを吸収しないほうがいいと瞬時に感じ、吸い込まない。むしろ吐き出してきた。
僕が吐き出すマイナスの虫は空に飛んでいき、誰かの肺に入るのだろうか。

|

« それは絶えず変化する | トップページ | タンブン »

あいまいの知」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« それは絶えず変化する | トップページ | タンブン »