« 特に必要な事って何 | トップページ | 言葉と言葉以外の力について »

2015年12月 2日 (水曜日)

サポートについて

相談される。
「どうしたらいいでしょう」
「それは、ーしたらどうですか」と応える。または、「ーな方法はどうでしょう」と提案する。
多くの場合はこれで終わる。

しかし、たまに、しばらくすると同じ人から同じ相談がある。
「やっぱり、うまくいかないような気がするんです」と。

どうしたいのですか?と聞いても、「分からない」という。
分からないから相談しているのにという顔である。

それでは、別の話をする。

相手のニーズに応え、サポートしている。相談者は困っているから何か言ってくれと求め、それに答えている。

こうしたゲーム(同じことを繰り返し、最後は嫌な気持ちだけが残る交流)が上手な人がいる。AでダメならBへ、BでダメならCへ、人や機関を変え、「どうしたらいいの」と繰り返す。

こうした状況に神田橋さんは「意見を一致させないように」と書いている(これは僕の勝手な解釈)。みんなが勝手なことを言うことの大切さを述べている。答えを絞り、これでいいと思った瞬間、切り捨てた多くの選択肢が消える。
こうした混乱した状況から《自助》が湧いてくる。まあ、それまで待つことが大切だ。

だから、答えを言わない。答えを言って関係が終わったという雰囲気を作らない。「ーかもしれないけど、違うかもしれないね」ぐらいにいう。
今日の所はこれくらいにして、必要があったらいつでも待ってるよぐらいに付き合う。

するとどうしたことか、電話はない。
それが、さあ、これでI良いです。今日で終わりですという雰囲気を出すと、何日かすると電話がある。
「さあ来い」と思っていると来ない。それでいて、「来ないでほしい」と思っているとくる。
相手も、こちらに負けまいと頑張る。

|

« 特に必要な事って何 | トップページ | 言葉と言葉以外の力について »

あいまいの知」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 特に必要な事って何 | トップページ | 言葉と言葉以外の力について »