« タロル | トップページ | 養護施設の利用年利を引き上げることは良いことか »

2015年11月29日 (日曜日)

戯夢人生 The Puppetmaster

日本占領下の台湾。人形遣いの人生を通して20世紀の台湾を、そして台湾人から日本をみる。
ホウ・シャオシェンの研究家の講演と監督自身もゲストとして自らの映画を語った。まったく贅沢な時間だった。

映画は李さんの子供時代から始まる。家に日本人が現れ、弁髪を切るように言う。それは、命令であり、その見返りに芝居の券を渡す。

こうした占領下における文化の押し付けは台湾だけで行われたのではない。その事実より、事実を伝えていない日本が恐ろしい。
物語として歴史を語るとき、人の数だけストリーはあるだろう。だからこそ、様々な物語を語り続けることが大切だ。それが無かったかのように、あるいは、数の問題にすり替えようとするのは、物事の本質から離れる。

その後で見た「念念」は、台湾の現代を映した映像である。
しかし、歴史の積み重ねが人間に様々な影響を与えている。それは、私たちにも言えることだろう。
私たちは加害者であり、同時に被害者である。

念念では、親の離婚が子どもの人生に大きな影響を与える。しかし、その親世代、そのまた親世代という世代間の連鎖がこの現象を生んでいることも事実だろう。

|

« タロル | トップページ | 養護施設の利用年利を引き上げることは良いことか »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« タロル | トップページ | 養護施設の利用年利を引き上げることは良いことか »