« 見ない自由 | トップページ | 苛立つ人は哀しみを抱えている »

2015年7月31日 (金曜日)

夢をみた

アフリカに行った。

有名な人の講演会があった。
講演会に向かうためある村にたどり着く。
まず、水瓶で手を洗う。
すると、子どもたちが森で遊ぶ姿が見える。
子どもたちを追いかけ、森に入る。林を抜け、岡に登る。
見晴らしのいい場所に出ると、子どもの姿はなく、おばあさんが現れた。
なぜか日本語で話し始める。
日本人ですかと聞くが、返事はない。
ただ、銅のレリーフを見つめている。
彼女は左手を横に伸ばし、何かを見つめている。
その方向に目をやると、彼女の7人の子どもの姿が見える。さらに見る角度を変えると次々に子どもの顔が変わり7人の子どもが現れる。そして、夫の顔に変わる。
彼女は毎日家族に会いにここにやって来て、その日の報告をしている。

そんな夢を見た。

|

« 見ない自由 | トップページ | 苛立つ人は哀しみを抱えている »

あいまいの知」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見ない自由 | トップページ | 苛立つ人は哀しみを抱えている »