« ワークショップで歌う | トップページ | 130の壁 »

2015年3月 8日 (日曜日)

サイコドラマ二日目

少し忘れるぐらいがいいですね。

忘れることが怖い思いをしている時、「忘れる」ことを肯定してもらう。

そのタイミングが心地よい。

少し後でも、勿論前でもダメで、ちょうどいいタイミングで声をかけられる。

それは、演技でも同じ。

演じることより、体が自然に動き出す、その心持ちを大切にしている。

その時は、今なのだと。

|

« ワークショップで歌う | トップページ | 130の壁 »

あいまいの知」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ワークショップで歌う | トップページ | 130の壁 »