« 分かるということ | トップページ | どうしようもない思い »

2015年2月 4日 (水曜日)

映画の話をしよう

二ヶ月に一度自分の話をする場所がある。

そこにいる人は黙って話を聞いてくれる。

いつも、誰も話を聞いてくれないと思っているのに、いざ、「どうぞ」と言われると何を話していいかわからなくなる。そんなものだ。

女の人は、普段、話をする練習をしている。そこでは、誰も話を聞いていない。
今も隣で話をしている女性が二人いる。

お互い、熱心に話をしているが、お互いが話をしているのに、聞いている人はいない。
誰にも聞かれないのに、何時間も話ができるなんてすごい能力である。

僕にはできない。話すべきことを持っていない。

話を聞かれないのと、話すことができないのではどりらが寂しいだろう。

|

« 分かるということ | トップページ | どうしようもない思い »

あいまいの知」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 分かるということ | トップページ | どうしようもない思い »