« 0.5ミリ 自転車編 | トップページ | 福祉施設の夕方 »

2015年1月23日 (金曜日)

0.5ミリ 先生 篇

サワはまたまた老人をスカウトする。

本を万引きしようとしている元教師の老人である。
しかも、制服にあこがれエロ本を見ていた。
我慢していたのだろうね。
サワは、その隙間に入り込み、家に入り込む。
今回の押し掛けでは、食事を充実させる。
食べることは生きることである。
この辺の掴みが巧いのは、立派なヘルパーだ。
この後も、サワは、貰った車で、老人を捜しては、人生の何たるかを諭す。
こんな生活を続けサワは一体何処に行こうとしているのだろうか?
何処にも行けやしない。
老人の人生ばかり見ていて、自分の人生を見ていない。
何でもできる、人の世話なら誰にも負けない。
でも、それでは私は救われない。
そんな気分にさせてくれる映画だった。
安藤さくらの魅力だろうか。
風のように爽やかで暗い気分を感じた。

|

« 0.5ミリ 自転車編 | トップページ | 福祉施設の夕方 »

あいまいの知」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0.5ミリ 自転車編 | トップページ | 福祉施設の夕方 »