« 0.5ミリ | トップページ | 0.5ミリ 自転車編 »

2015年1月23日 (金曜日)

0.5ミリ カラオケ編

サワは、カラオケ店で老人をスカウトする。

老人をスカウトして、一流の選手(立派な老人として成長させるため)になる素材を見つける。
この素材の見つけることが、プロの目だ。
老人なら誰でもいい訳ではない。
家族に囲まれている老人より、一人暮らしの方がいい。
彼をスカウトすると一緒にカラオケをし、一晩を共にする。
これは、新しい試み。
一緒に寝るということは、距離が近いということである。
たとえ何もなくても。
朝起きると、老人は人になっている。
いつもの朝と違っていると感じる。
朝日がまぶしい、空気が違う、食べ物のうまい。
ということで、サワに一万円を握らせる。
ボクの母も、機嫌がいいと、知らない人にお金を握らせる癖がある。
彼は、足早に現実の世界に帰っていく。
その後ろ姿が寂しい。

|

« 0.5ミリ | トップページ | 0.5ミリ 自転車編 »

あいまいの知」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0.5ミリ | トップページ | 0.5ミリ 自転車編 »