« 緊張が止まらない | トップページ | いい感じ »

2014年10月19日 (日曜日)

ダメな感覚

フレームを作る直す前に、関係を調整する作業を行うのであるが、どうしてもダメだと感じる感覚に襲われることがあるが。

ジョイニングやラポールと呼ばれる調整作業は、それを受け入れる側に受け入れるだけの空間が必要である。

それをフレームと呼ぶこともできるが、フレームをの枠を作る素材にアレルギーがある場合、アレルギー反応と呼んでいいような拒否反応が起きると、身動きができない。

どんどんそのアレルギーやウィルスにどんどん侵略されるような感じである。

かなりの自己コントロールを行わないと、嫌なゲームに巻き込まれる。

コントロールに心が奪われ、自由な動きができない。

こんな気持ちから自由になるためには、自分の自在さが求められる。

つまり疲れているのだろう。それは肉体だけでなく、それまでの人生におけるやり方にも。

|

« 緊張が止まらない | トップページ | いい感じ »

あいまいの知」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 緊張が止まらない | トップページ | いい感じ »