« 名前を呼び合う関係 | トップページ | 一枚の名刺を見ている »

2014年4月11日 (金曜日)

saving Mr Banks

デズニーの..という邦題がついているが、これは最悪、映画の内容を伝えないだけでなく、本作のイメージをも壊してしまっている。

メリーポピンズの作者トラヴァースの物語である。ディズニー氏との交流はサブストーリーであり、メインストリームは、親子の葛藤である。

子ども時代のトラバースは、自由で永遠の少年のような父親に夢中である。父親に愛されようと健気にふるまう。

一方、父親は社会とうまく付き合えず酒ばかり飲んでいる。銀行員という仕事を棒に振り、家庭を崩壊させる。

子どもにとってダメな父親でも、その関係が悪いのは自分のせいだと思う。子どもは親に認められることで生きる力を貰う。
それは、朝ドラでも同じ。

さらに、そも父親が若くして、彼女が八歳の時、亡くなってしまう。これは相当なショックだった。その想い出を埋めるために本を書く必要があったのだろう。

つまり、自分の中の父親的なもの、どうしようもない悪を見ているトラバースは、父親を救うと共に、自分を救うとことを願っていた。この辺が、多くの観客の共感を呼ぶ。
親との関係を考えれば沢山の思い出が浮かんでくるし、その中にはかなり重たい出来事も多い。

そして、この映画のクライマックス、個人的にはここだと思う、それは、ディズニーが自分の子ども時代を語る場面だ。

彼も、父親的なものとの葛藤を抱えて生きていた。
彼の場合は、楽しい家庭であり、それを実現する場所がディズニーランドだった。
そう考えると、ディズニーランドは楽し場所であると同時に、悲しい場所でもある。
本当の夢の国を作るためには、現実から離れなければならないという逆説的な悲しさがある。

僕たちが毎日行っていることの多くは、子ども時代の補償みたいなものだ。
足りない部分をいつか付け加えたいと願って生きている。

だから、凧が飛んだ時には涙が出るんだろう。

|

« 名前を呼び合う関係 | トップページ | 一枚の名刺を見ている »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 名前を呼び合う関係 | トップページ | 一枚の名刺を見ている »