« もし死ぬとしたら | トップページ | お昼はちゃんと食べよう »

2014年4月21日 (月曜日)

子どもでなくなった少年

女のいない男たち を読んでいる。

少し読んだらダイニングのテーブルに置き、少年の目に触れるようにするだろう。

少年も青年になり春樹に関心がある、きっと。

そう、きっと。

そんなことが最大の努力である。僕と少年の間の。

同じ時代を生きていること、同じ作品を読むこと、同じ街を歩くこと、それが最大の楽しむであるが、なかなかね。

金子光晴が孫のことばかり書いていた時があり、そんなものかとおもったけど、だんだんそれも分る年になってきたのか。

|

« もし死ぬとしたら | トップページ | お昼はちゃんと食べよう »

あいまいの知」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« もし死ぬとしたら | トップページ | お昼はちゃんと食べよう »