« 場をつくる | トップページ | 泳ぐ »

2013年7月 7日 (日曜日)

トラブルの意味を考える

トラブルは本人の意思の表れである。

なるほど。

トラブルを起こしたいのではない。また、自分が嫌なことはしない。

なるほど。

困ったことを解決しようと、その問題に焦点が移ってしまう。そのトラブルが解決してしまえば、すべての問題が解決してしまうように感じる。

でも、トラブルの背景にある問題は何も解決していないのだから、火が消えたようでも静かにくすぶり続ける。

暫くするとまた別の形でトラブルが表出する。

つまり、じっくりと気持ちを聞き入れないことが必要なんだろうね。

と、あるケースを想いだす。

そのトラブルに困っている。困っているのは僕で、本人はまったく困っていない。

本人の意思が読めない。読めないのは僕の力量不足であり、関わりの量が足りない。

と、分かっているんだけどね。

|

« 場をつくる | トップページ | 泳ぐ »

あいまいの知」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 場をつくる | トップページ | 泳ぐ »