« 無駄口について考える | トップページ | 星が見えた »

2013年7月27日 (土曜日)

悩める子羊さん

悩める子羊さんからメールをもらった。

いるんだね、子羊さん。びっくりしました。

悩める子羊さんは悩んでいると書いていた。悩んでいると自分で分かっている、なんて素敵なことです。

だって、悩める者は救われると云われているのです。

つまり、「悩んでいます、救ってください」と考えるだけで救われるということでしょう。

しかし、この救いの意味を理解するのとはなかなか難しいのかもしれません。

私たちの世界の救いと、彼の世界の救いはどうも違っているようなのです。価値が違うのでしょうね。

子羊さんのことを考えていたら僕は、大切なことを想いだしました。

それは、キツネのことです。

僕はキツネさんが好きだし、キツネが僕を必要としていたのです。

キツネさんのことを考えていたら涙がでて止まりません。

僕はキツネさんの大切さを忘れていたからです。キツネさんにお世話になったことも忘れていました。

キツネさんは、僕なのです。そして、子羊さんなのです。

その子羊さんが僕を必要としていたのですね。

|

« 無駄口について考える | トップページ | 星が見えた »

ゆれる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 無駄口について考える | トップページ | 星が見えた »