« 目の前の人の幸せが世界の幸福とつながっている | トップページ | サイコドラマ その2 »

2013年7月21日 (日曜日)

サイコドラマ その1

サイコドラマとSSTの当事者となる。

当事者は進んで前に出た。

どうしてなのか分からないが、身体が前に出てしまう。こうした経験はそんなにないのだから、身体の命令に従うことにする。

「何が問題となっているか?」を問われる。

ここで困ったことが起きた。

それは、本当に困っているのかという問いである。

確かに困った状況であることは間違いがないが、それでいて、それほど困っていないという気分(感覚)があることも事実である。

そこで、その感情をそのまま受け止めて当事者になることにした。

テーマは、親子関係と夫婦関係である。

どこにでもある問題であり、さらに、個人的な問題である。ので、詳細は省略する。

今、我が家で何が起きているのかを話す。本当の話をする。

しかし、また困ったことが起きた。

話をしながら、本当の話をしながら、それは事実であるが本当かどうかが怪しくなってきた。僕にとっての事実は、他のメンバーにとっても事実かどうか、確信が持てなくなった。

つまり、そこに起きている物語は見る者にとって、別の物語になっているということがはっきりわかってきた。

話をするうちに、初めの動機が揺らいできた。

もう話さなくてもいいのではないか。という気分になってきた。

しかし、そんな気持ちもそのままにして前に進むことにした。

|

« 目の前の人の幸せが世界の幸福とつながっている | トップページ | サイコドラマ その2 »

ゆれる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 目の前の人の幸せが世界の幸福とつながっている | トップページ | サイコドラマ その2 »