« 福ま猫 | トップページ | 目がさめた »

2013年6月 5日 (水曜日)

僕たちは何処へ行くのだろう

人は不幸を願望しているのか?
どうしても少年を傷つけてしまう僕は、その刀で自らを切り刻む。
愛していると、一番言われたくない言葉を投げかけ、その愛を喪う。まるで、「キックミー」と言っているかのようだ。
真っ黒な沼にどんどん沈み込む僕たちは、それでも溺れることもなく、息苦しい毎日が続く。
見つめるものは、未来ではなく汚れた手のひらの皺。
そんなに苦しくても、腹はへる。目は醒める。

|

« 福ま猫 | トップページ | 目がさめた »

ゆれる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 福ま猫 | トップページ | 目がさめた »