« 木の上で生きる | トップページ | 借りた鉛筆は返しましょう »

2013年5月 5日 (日曜日)

探されることを待っている物たち

無くし物が多い。
決してなくしたい訳ではない。
昨日まで、身につけていた物が、今日は無いだけである。物の方は、きっと寂しい気持ちでいっぱいだろう。
僕の体温を思い出して泣いていることだろう。
しかし、何処に隠れているのか。探すべき場所はすべてひっくり返した。
なくしものは、亡くしモノでもある。
もしかしたら、行ってしまったのだろうか。
そしたら、いつか再会できる気もする。

|

« 木の上で生きる | トップページ | 借りた鉛筆は返しましょう »

あいまいの知」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 木の上で生きる | トップページ | 借りた鉛筆は返しましょう »