« カエルの王様 | トップページ | 木の上で生きる »

2013年5月 5日 (日曜日)

僕らは歴史的な時代を生きている

想い出に残る夜だった。

彼の声が、彼の歌詞が、そして演奏が素晴らしかったことはもちろん、その場にいたみんなの気持ちが、思いが通じたことが嬉しい夜になった。

この時代は混沌としていると云われる。

しかし、混沌としていない時代はあったのだろうか。

その時代の中で、新緑美しい日本で、この時代を生きている人たちと同じ思いを共有する時間が持てることは喜びである。

|

« カエルの王様 | トップページ | 木の上で生きる »

あいまいの知」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カエルの王様 | トップページ | 木の上で生きる »