« お終いの仕方を考える | トップページ | ブンミおじさんの森 »

2013年4月27日 (土曜日)

いつ開業したらいいんですか?

それは、「今でしょ」、と言いたいところだが。

結論から言えば、独立したい思いついた時がその時でしょうけどね。

僕は40代の終わりに開業した。それが、10年、あるいは15年早かったらよかったかと言えば、何とも言えない。

30代の時の仕事と、50代のときの仕事、つまり人との関わりは違う。それは、他人の人生と関わる仕事の楽しみであり難しさなんだろう。

50台になって人の人生に付き合うことの面白さを感じるようになった。それは、30代では味わえない感覚だと思う。たぶんね。それは、自分の身体の力が落ちてきたのに比例しているような気がする。

と書くと、様々な社会経験を経て独立した方がいいように聞こえるかもしれないけど、そんなこともないかもしれない。

若い人がどんどん独立して、専門的援助関係を結べるといい。

そして、その形は色々あっていいんじゃないかと思う。

だから、大変さより面白さ自由さを味わいたい人ならだれでも、いつでも、組織から独立し、自分しかできない開業をしてほいい。

その時は応援しますよ。

もちろん有料でね。

|

« お終いの仕方を考える | トップページ | ブンミおじさんの森 »

独立 開業 社会福祉士」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。 僕は今、幅広く皆様の相談にのるソーシャルワーカー(無資格なので、的な)仕事をしたいと考えています。

これからも読ませて頂きたいので、続けて頂けると嬉しいです(^-^)

投稿: おおがいと ことぶき | 2013年8月20日 (火曜日) 07:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お終いの仕方を考える | トップページ | ブンミおじさんの森 »