« 休日 | トップページ | 報告会 »

2013年4月 6日 (土曜日)

在宅で暮らす

家を空けていると当然傷む。

築50年以上経ち、まめに手を入れていないとなおさら。

なんとか暮らしていると、壁や床や天井裏などそんなに気にならないものだ。しかし、実際は年数に比例して腐ったり、かびたり、穴があいたりするもの。

そんな家に戻ろうとすると、当然修理が必要になる。

家を空けていた時間だけ、家人は年をとっていることを考えなければならない。今までできていた事ができなくなったり、上がれていた段差が上がらなくなったりするものだ。

そんな問題も解消するとなるとお金がかかる。

家の改修は、10万20万では済まない。300万500万という数字になる。

それだけでは済まない。

在宅に戻ったら、近所のこと、介護のこと、通院のこと、生活のことなどなど、解決しなければならない課題は山ほどある。

でも、それを一つ一つ解決していくことが暮らしというものなのだろう。

|

« 休日 | トップページ | 報告会 »

成年後見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 休日 | トップページ | 報告会 »