« 今日もあったかい布団にもぐる少年は夢みる | トップページ | 郵便物の転送 »

2013年4月15日 (月曜日)

コツこつやる奴はご苦労さん

言葉で気持ちを伝えることは難しい本好きのまじめ君は辞書編纂の仕事に就く。

舟を編むは、まじめな映画です。

どんなに言葉を知っていても、言葉の意味を理解していても、人と上手にコミュニケーションがとれる訳ではない。

そんなの当たり前だということは考えれば分かるのに、私たちは言葉を理解しようとする。

映画の中で「僕は相手の気持ちが分からない」と泣き言をいうマジメ君に、おばさんが「そんなの当たり前じゃない、だから話すんだよ」という。

話しても相手の気持ちが分かる訳ではない、それでも話してみなければ分からないこともある。

そんなことを考えた。

ものに名前があることは、それが存在しているということだ。

中学の頃、花の名前をたくさん知っている女の子がいた。その子と話していると楽しくなった。僕が知らない世界を見せてくれるような気分だった。

きっと、花に魅力を感じたんだろう。

そうやって、自分の好きなことを見つけることはとても大切だと思う。

こつこつと、まじめに、まっすぐに進んでいくことは大切だと思う。

|

« 今日もあったかい布団にもぐる少年は夢みる | トップページ | 郵便物の転送 »

ゆれる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日もあったかい布団にもぐる少年は夢みる | トップページ | 郵便物の転送 »