« 今どこにいるのだろう | トップページ | 高齢者の介護は家族が行わなければいけないのか »

2013年4月19日 (金曜日)

お尻の皮と膝の裏の関係について

先日自転車に乗って鎌倉に行った。

いつものコースを走り、いつもの場所で休憩をし、鰻を食べて帰ってきた。

お尻が痛くならないようにパンツを3枚履いていた。そのうち2枚はサイクリング用のパットが入ったパンツ。

もう、お尻の周りはもこもこである。

それくらい防衛して自転車に乗ったのに、自転車から降りると尻の皮が痛い。痛いのはお尻の骨や筋肉かもしれないけれど、気持ちとしては尻の皮が痛いという感じだ。

今日も、研修で固い椅子に座っていると尻が痛くなってきた。

尻が痛いので、少し持ち上げて講義を聞いていたら、膝の裏が痛くなってきた。

膝の裏がしびれてきて、もう、我慢ができない。

そこで、お尻を持ち上げ、両足で踏ん張り、力を入れたり抜いたりすること10分。もうくたくたになった。

気がつくとお尻が痛くない。

きっとお尻の筋肉がついたのだろう。

たぶんね。

|

« 今どこにいるのだろう | トップページ | 高齢者の介護は家族が行わなければいけないのか »

あそび」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今どこにいるのだろう | トップページ | 高齢者の介護は家族が行わなければいけないのか »