« 知らないということ | トップページ | 怒る人 »

2013年4月26日 (金曜日)

名前

どうも自分の名前が気に入らない。というよりも、好きになれない。または、馴染まない。

他の人にはどうでもいいようなものだが、自分では大きな問題だ。なにせ、その名前で呼ばれたり、書いたりするのだから。

結婚する前の名前は珍しく、正確に読める人はいなかった。

そして、自分の名前をいうと、「どんな風に書くの?」と云われる始末。

それに、発音しにくいのでドモリきみの少年(僕のこと)にとっては、自己紹介するのが苦痛であった。

結婚して、よくある苗字になった。

そしたら、その名前は自分ではないことに気がついた。「さいとう」さんと呼ばれても、それは、「さいとうさん」という人であって、自分とは全く別の人のことのような気分である。もう、30年以上そう呼ばれているにも関わらず、まだ、馴染まない。

名前の方はどうかというと、これまた気に入らない。

だから、自分の子どもには僕が好きな名前を付けた。

これはいい名前である。

ということで、レストラン等で順番の欄に名前を書いたり、サインするときには好きな名前を書く。

だから、「フランシスコさん」とか「ラファエロさん」とか呼ばれる。

どんな人が現れるかと周りの人が期待していると、さえないおじさんが現れてがっかりした顔になるけど気にしない。

今日行った美容院では、「ドナルドさん」と呼ばれている。

どうしてもカタカナ名前になってしまう。

ドナルドさんは、トサカを短くカットしてもらった。

|

« 知らないということ | トップページ | 怒る人 »

あそび」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 知らないということ | トップページ | 怒る人 »