« うなぎ | トップページ | それは息子だった »

2013年4月28日 (日曜日)

ハードボイルド・ワンダーランド

8年ぶりに読んでいる。
僕は、突然、カッパを着せられ、見に覚えのない言葉をかけられる。
質問をしたところで、状況を変えることはできず、ただ成り行きに身を任せるだけ。
えっ、今の僕の状況と同じじゃないか。突然、訳が分からない言いがかりをつけられ、その原因が一方的に僕にあると云われた。違うのは、それが川の中か、ジュースを飲んでいる店の中かぐらいである。
相手のペースでこのまま前に進むべきなのだろうか。僕がハードボイルドでなくても。

|

« うなぎ | トップページ | それは息子だった »

あいまいの知」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« うなぎ | トップページ | それは息子だった »