« 独立しているということ | トップページ | 自分土産 »

2013年4月11日 (木曜日)

どれだけ無駄なことができるか

京都でインタビューをした。
人の話しを聞いて、その人の行動をつかさどる思考を概念化する。
それが何になるのかと聞かれると、答える言葉がない。
研究とは、意味があると感じている人には面白いが、他所から見たらまったく無駄なことだ。
今日の話で一番盛り上がったのは、援助者が如何に無駄なことを無心に行えるかということだった。ここまで書いて、読み返すと、やっぱりどうしょうもないことをしてると思う。しかし、そのどうしようもない事の積み重ねるの中にしか関係は生まれない。
専門性の落とし穴は、無駄をそぎ落とし、意味ある行動を選択する所にあると、二人は勝手に結論づけた。
家族のきずなや想い出なんて、何千という無駄でできているんじゃないかな。
ブログだって、どうしようもない記事を書き続けているその事以上には意味はない。そして、なんでもないことを続けていることから新しい関係は生まれている。
と、信じてます。

|

« 独立しているということ | トップページ | 自分土産 »

あいまいの知」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 独立しているということ | トップページ | 自分土産 »