« 普通でいることは普通にはできないということについて考えた | トップページ | そこに幽霊が »

2012年11月26日 (月曜日)

くるくる回ればいいのに

人の死は人生の終わりか?を検討した。

こういう話は20代にはしない。しかし、50代になると毎日が死を考えるようになるので、普通の話になる。

だって、自転車で坂道を上ると、ランニングで走っていると、心臓が出てきそうに苦しくなる。

こんなことは20代ではなかった。

死ぬことは人間の宿命である。

それが身近に感じるようになると、死後の世界を夢見る。

だって、それで終わりじゃあまりにもつまらない。

子どもは成長して大人になる。では、大人は成長して何になる?

子どもになる。そして、振り出しに戻るのか。

|

« 普通でいることは普通にはできないということについて考えた | トップページ | そこに幽霊が »

あいまいの知」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 普通でいることは普通にはできないということについて考えた | トップページ | そこに幽霊が »