« スピリティアル | トップページ | 夕食 »

2012年11月10日 (土曜日)

ドノバンの声が聞こえてきた

不思議なことがあった。

窓の外を見ていたら光が木々を照らしている。

枝が風に揺れ、葉がキラキラと輝いている。それを見ているのは僕だけであり、だれも気がつかない。

部屋の中は暗く、アロマの香りでくらくらする。

次の瞬間、ドノバンの歌声が聞こえてきた。

ブラザーサン・シスタームーンだ。

黄金色の麦畑の中を一人の男が走っている。

彼は、朽ち果てた教会を再建する男だ。

なぜ今、フランシスコなんだろう。

突然、涙が出て止まらない。

|

« スピリティアル | トップページ | 夕食 »

ゆれる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スピリティアル | トップページ | 夕食 »