« ドラゴンスピーチを買う | トップページ | ドラゴンスピーチ »

2012年10月27日 (土曜日)

本心はどこにあるのか

良子さん(仮名)は、おしゃべりが好きだ。

話しはじめると1時間でも2時間でもしゃべっている。

くり返しの話が多いが、その語彙の豊富さと表現力の豊かさは演技派の女優のようである。

話に、振りをつければ立派な一人芝居になるだろうと思う。

それに、人生経験が多彩なので、登場人物も個性豊かである。

小説を出したら芥川賞も夢ではないかもしれない。

しかし、その良子さんの本心がどこにあるのかが難しい。

現実と夢の世界と、こっちの世界とあっちの世界と、子ども時代と成人の時代を行ったり来たりする。

では、どうするかと、何かを決める段階になると話が決まらない。

意思を確認しようとするはぐらかされる。行動より気持ちが先に出る。

そのそも本心とはどこにあるのだろう。ホントウとはなんだろうと考えさせられる。

決めようとしたり、確認しようとすることと、良子さんの気持ちのずれがある。

ズレがあるのは、彼女のせいではない。僕の気持ちの問題だ。

|

« ドラゴンスピーチを買う | トップページ | ドラゴンスピーチ »

成年後見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ドラゴンスピーチを買う | トップページ | ドラゴンスピーチ »