« 海に囲まれた国 | トップページ | 在宅か施設か »

2012年10月14日 (日曜日)

キツツキと雨

映画が本当に好きな人は映画を撮っている人だと思う。

そんな映画を観た。

映画館にフィルムが掛かるには何百人もの人が関わっているのだろう。そうした人たちの思いが映画を構成している。

確かにつまらない映画もあるし、観たことを後悔する作品もある。

ドラマは、木こりの男のところに映画が来る。木こりは映画にだんだんハマっていくというもの。大体そんなところ。

この映画の面白いところは、映画を撮っている**組を後ろから撮っている監督(カメラマン)がいるというところ。映画の後、監督の話を聞いた。

監督は、ホントウに映画が好きなんだろうという雰囲気を十二分に出していた。

この監督が作る映画なら次も観たい。

そう、この人の作るものなら何でも見たいという気分は、人を好きになることと基本だと思う。

その人のことをもっと知りたいと思う。

沖田修一さんは、南極料理人を作った人。

|

« 海に囲まれた国 | トップページ | 在宅か施設か »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 海に囲まれた国 | トップページ | 在宅か施設か »