« 長い小説 | トップページ | 大阪駅 »

2012年7月 7日 (土曜日)

そのままに

物語の意味ばかりを探そうとしているどんどんこんがらがってくることがある。

だって、その意味は人によって違うから、当然解釈もちがう。

それでは、二人の間の溝がどんどん広がる。

理解しようとしたはずの意味の解釈が、理解できないことの裏付けになるのでは息が詰まる。

話せばわかることも、話すと混乱することにつながるのでは、そのまま何の説明も加えないままにしておいた方がいい。

でも、それでは困るでしょう。

しかし、困ることが必要なら、それが変わるまで待つしかできない。

いまいったい何がおきているのだろう?

とか

これは何を意味するのだろう

とか、

つべこべ言わず、ただ、そのままを受け止めることが必要なのかもしれない。

その「待ち」ができないのは僕の力が弱いからだろう。

|

« 長い小説 | トップページ | 大阪駅 »

あいまいの知」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 長い小説 | トップページ | 大阪駅 »