« The Descendants | トップページ | みんなで »

2012年5月20日 (日曜日)

愛しあてるかい!

エリザベス女王にそっくりの白井先生の講義を受けた。

ストロークの経済の原則を久ぶりに伺い、思い当たることばかり。

それも昨日のことだったので、理論と実践が重なり不思議な気分だった。

まあ、実践したことをその道のプロに「それはこういうことよ」と教えてもらえるチャンスも少ないので、貴重な時間である。

結局、プラスのストロークをためることが少ないのは、クライアントであり、同時に僕自身であったということだったのだろう。

相手のことは見えても、自分自身について、それも身の心も満たされていると気づくことは難しい。

だって、みんな忙しいとか、大変だとか、(ほんとうはそう思っていなくても)、そんなことばかり言っている。

ストローク経済の法則でいえば、自分にはストリークしないということや、マイナスのストロークが来ても断らないとか、相手のプラスのストロークを値引くとか、如何に(自分が)満足しないようにと努力している。

そんな状態で心地よい支援はできない。

与えることと同時に受け入れること。愛することと同時に愛されること。

愛されたいと願ってもそうはいかないけれど、すでに愛されていると気が付けばそれでいいのかもしれない。

|

« The Descendants | トップページ | みんなで »

あいまいの知」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« The Descendants | トップページ | みんなで »