« しつこいという美徳 | トップページ | メリーさんの白い歯 »

2012年4月17日 (火曜日)

がんばれない

がんばれない人が近くにいる。

がんばれない人がいると、その周りのいる人もパワーを抜かれがちになる。

一生懸命に、頑張って、力を抜かれないようにすると、その頑張りが気になるようで、ますますがんばれない人の依存が強くなる。

これは負のスパイラルか?ブラックホールか?

理屈では、見守ることがいいと分かっていても、そんな力はボクにはない。

見守るとは、何もしないでいることをするようなもので、とっても難しい。

それはするのか、しないのか、どっちよと聞きたくなる。

聞いても無駄である、答えは「そんなに力を入れないで」ということだと分かっているから。

分かっちゃいてもね・・

ということで、何もしないように家を出る。

出ても、積極的に歩かないように、どこへも行かないように、何も考えないようにする。

認知症と診断されている人に、あなたは認知症ですか?と質問すると、「違います」という。

そう、人は自分のことを分かっていない。

がんばれないと言っている人に、「ほんとうは、したいことがあるのよね」なんて詮索してはいけない。

でも、とっても気になる。

|

« しつこいという美徳 | トップページ | メリーさんの白い歯 »

あいまいの知」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« しつこいという美徳 | トップページ | メリーさんの白い歯 »