« この1年はどんな意味を持っていたのだろう | トップページ | 向こう側に立つ »

2012年3月27日 (火曜日)

何を見るか見ないか

見えるものは、広い空地の中にある誰もいない建物だけである。

しかし、その後ろには大きな川と青い空が広がる。

窓から見える景色はテレビに映るような限定的な風景だ。何かを切り取らないとその意味を掴むことはできない。

意味づけは、切り取られた空間から生まれる。

しかし、切り取られた枠の外にも事実はある。

|

« この1年はどんな意味を持っていたのだろう | トップページ | 向こう側に立つ »

あいまいの知」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« この1年はどんな意味を持っていたのだろう | トップページ | 向こう側に立つ »