« ゆれる | トップページ | いま携帯電話に電話するよ »

2012年3月18日 (日曜日)

まずさから学ぶ

京都で個人相談をする。

テーマは「失敗から何を学ぶか」

でも、それを失敗かどうかは分からないので、「まずい」体験から学ぶとした。

どうして「まずい体験」をするのか、それが知りたくて「まずい面接」を新幹線の中で読んでいた。

すると、その体験は起きるべくしておきていることが分かった。

そう、まずい体験は、仕方なく起きるのではなく、自分の人生の一部として、起きる前から、そこに布置されている。

だから、嫌だなーと嫌うより、「やあ、久しぶり」とあいさつした方がいい。

そして、それを好きになる。

だって、それも自分の一部であり、自分の核心に近い嫌な部分だから。

自分の中には、他人に自慢できる部分もあれば、誰にも知られたくない部分もある。

でも、それも私なんだから、しょうがない。

笛を吹いているこの男は、笛を吹くことが仕事だ。

それが嫌だとか、嫌いだとか考える前に、朝起きると笛を吹いている。だって、それしかできないか。

|

« ゆれる | トップページ | いま携帯電話に電話するよ »

あいまいの知」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ゆれる | トップページ | いま携帯電話に電話するよ »