« 病院の面会簿について | トップページ | 屋上菜園 »

2012年1月30日 (月曜日)

病院の個室について

病院の個室は何のためにあるのか?

個室に入りたい人もいるだろうけど。あまりに高い個室に入れない人も多い。

今日、個室に入るなら入院できると言われた。

その額が、一日18,000円である。

そこに一か月いたら、差額だけで、月54万円になる。

ホテルだって、6000円で朝食が付くのに、これは部屋代だけ。医療費や食事代は含まれない。

救急で搬送された場合、個室に入れられていることもある。

この場合、もちろん拒否できる。病院の都合で個室に入れられた場合には、支払う義務はない。

と言っても、患者や家族で、そこまで主張できる人は少ない。

病院経営において、稼働率を上げるには個室の利用率を高めなければならない。それは、病院側の都合であり、病院本来の目的とは違うのではないか。

しかし、患者の多くはものを言うことができない。

|

« 病院の面会簿について | トップページ | 屋上菜園 »

成年後見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 病院の面会簿について | トップページ | 屋上菜園 »