« 帰り道が楽しくなる | トップページ | 一日デート »

2011年11月 4日 (金曜日)

ショートカット

三谷さんの「ショートカット」をみる。

倦怠期の夫婦が山道を下りてくるドラマである。

そう、夫婦というのは坂道を下りるようなドラマを演じている。

たしかに、こんなことがあるのか、これじゃ「ドラマではないか」ということがよくおこる。

これは、家(うち)だけだろうか?

よその家のことは分からないからドラマを見る。すると、「ドラマなんかより家のほうが凄いわよね」なんて、妻がつぶやく。

すると「そうだね」と夫もつぶやく。

その声を聞き、「ああ、あんたがキムタクだったら私もこうはならなかったのに」と妻がつぶやく。

夫も、何か言おうとするが、その思いを飲み込む。

・・・・

ドラマと実生活の違いはどこだろう。

ドラマでは、山から下りて、そして二人は・・・・と、期待を持たせて話が終わるが、実生活では、朝になって目覚めても、隣に寝ているおじさんはキムタクにはなっていないということだ。

僕も、ヨン様のカツラをかぶって寝てみたが、横にずれて、ただのオカマになっていた。

|

« 帰り道が楽しくなる | トップページ | 一日デート »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 帰り道が楽しくなる | トップページ | 一日デート »