« 犬の生活 | トップページ | Chapter 15 for opening the social workers office. »

2011年11月27日 (日曜日)

最近の若者は

「最近の若者は何を考えているのか分からない」と若い研究者が云っていた。

若者ではない私は、自分で何を考えているのか分からなくなることがある。

それに、若いというだけで憧れがあるので、何も考えなくても先の長さが羨ましい。

そもそも、他人が何を考えているのかは分からない。

そうした、人のことは分からないと分かってくる年頃が35歳過ぎたころだと誰かが云っていた。

そして、70歳を過ぎるころから、他人のことが気にならなくなると、誰かが云っていた。

Young researchers said, "today's youth do not know what you're thinking."

Young people may lose what you have in mind not on my own.

I do not yearn for more than just young. And envy where the length of the young youth.

What are you thinking about other people do not know.

Someone said, "people feel that after age 35 is variety."

Someone said, "and others do not mind that after age 70"

|

« 犬の生活 | トップページ | Chapter 15 for opening the social workers office. »

あいまいの知」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 犬の生活 | トップページ | Chapter 15 for opening the social workers office. »