« 自閉症の人の死別経験とソーシャルワーク | トップページ | 取り留めない独り言 »

2011年11月29日 (火曜日)

家族X

振興住宅に住む3人の家族の話。

女性(母親であり妻)は40代の専業主婦。

男性(父親であり夫)は50前後のサラリーマン。

一人息子は大学卒業後、就職浪人のアルバイター。

この3人の三角形には、会話がない。会話だけでなく、交流がない。

家にいる女性は食事を作ることで家族と繋がろうとする。しかし、それを食べる家族がいない。

父親は、家に帰って来たくないのか、残業し、寄り道し、何か用を作り遅く帰る。それでいて、浮気をしたり、飲み歩いたりする力を感じない。

息子は、やはり、家に居たくないのか、夜のアルバイトをし、帰ってきても部屋に籠る。

どこか、男二人は母親を恐れているようであり、逃げている。つまり、腰が引けている。

母親(妻)の問題を認識しているのだが、それを、見ないような行動をとっている。

この家族には、全くパワーがない。

女性は、主婦であることが自分の支えである。主婦とは、家族があって成り立つ職業だ。その家族が薄くなるにつれ、女性の精神は侵されていく。

異常さに気づいているのかもしれないが、声がでない。夫や息子には話さない話せない。

それだけではなく、女性には、家族以外のつながりがない。親戚はいないのか?友達はいないのか?地域との交流もなく、家に囚われているように見える。

夫は、会社に行っている。

しかし、行っているというだけで。会社で死んでいる。

家に居られないから、時間をつぶすところがないから、会社に行っている。会社以外に行くところはない。もちろん趣味もない。

家は、立派である。

かなりのローンを抱えているのだろう。

そのことからも、夫は、家を建てるために一生懸命に働いてきたことがわかる。そして、理想的な家族にしたかったことも伝わってくる。でも、どこかでくるってしまった。

息子は、大学を出ているが仕事がない。いまどき、仕事がない若者は多い。

アルバイトをしているのは、仕事のためやお金のためではない。自分を探している。誰かと繋がろうとしているように見える。それが、なんだか分からない。

そんな、きれそうな細い糸でつながった家族に異変が起きる。

女性が泣く。泣くことで初めて声が出る。すると、限界に達した感情が爆発し、台所を荒らし、家を出る。女性にとって台所は生活の場所であった。それを壊したことで、何かが動き始めた。もう引き返すことはできない状況になってしまった。

三角形はバランスがいい形である。

しかし、それは、それぞれの角(コーナー)につながる様々なつながり(相互関係のある人やもの)があり、さらに、それらがお互いに交流をしている場合である。

家族が再び絆を強めるためには、一度、それが壊れなけれがならない。

それは、もともと壊れていたものを作り直す作業ではなく、形が変わる程の変化が必要だということをこの映画は象徴的に映し出している。

しかし、多くの家族は、すでに壊れているのに、壊れていないようなふりをしている。

The story of three families living in housing promotion.

Women (wives and mothers) are housewives in their 40s.

Men (husband and father) is around 50 years old businessman.

One son graduated from college, have been unable to part-time employment.

These three triangles, no conversation. In addition to the conversation, no exchange.

Mothers contribute to making a family meal. However, families do not eat it.

His father refuses to go home. So, working late, detour and, making a slow return for something. Yet, not even going to the bar to make a lover.

His son, again, do not want to be home, working part-time at night, but be confined to the room to come back.

Two men are afraid of his mother. That is, running away from women. And fears are aware.

Their mother (my wife) is aware of the problem. But act like see the problem.

This family has no power at all.


She is a housewife that support the spirit. There's a housewife holds the family profession. Since there is no force in the spirit of the woman will have affected their families.

She is aware that his abnormality, have no voice. They never listen to her.

Not only that, the woman has no family ties outside. Relatives or not? Friends do not? Without interaction with the local community, who seem to have caught.


My husband has been in the company.

But more than just doing. He seems to be dead in the company.

He has no place in the house. He has never done so in the company. He's not going to the outside company. Of course there is no hobby.


House is gorgeous.

They are having a lot of loans.

Also from their husbands, there have been working hard to build a house. And that comes through even in the ideal family wanted. But at some point have problems.


Son is unemployed. Nowadays many young people have no job.

He has not worked to earn money. He is looking for a purpose in life.


At that time, the abnormalities occurred in this family.

Women cry. Cry the first time in one's voice. Then, the explosion of emotion reached its limits, storm the kitchen, leaving the house. The kitchen was a place of life for women. That broke it and began to move something. It became a situation turn back the other can not.


Triangular shape is a good balance.

However, it leads to a variety of connections for each square (interaction with people and things), and further, that if you have them interact with each other.

In order to strengthen family ties again, once broken it is necessary.

It is not intended to recreate the work was originally broken, the film that we need a change of shape change as a symbolic reflection of that.

However, even though many families have already broken, pretend that you are not corrupt.

|

« 自閉症の人の死別経験とソーシャルワーク | トップページ | 取り留めない独り言 »

ゆれる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自閉症の人の死別経験とソーシャルワーク | トップページ | 取り留めない独り言 »