« 金沢に来ている | トップページ | はだか »

2011年11月 2日 (水曜日)

世界は小さくなったのか

小松空港にいる。

グローバル化が叫ばれ、日本は世界と繋がっていると言われ、ギリシャやタイの出来事が日本の生活に直接的にかかわっていると言われる。

インターネットで、世界中の「いま」が伝えられ、世界と私との関係は近くなったのだろうか。

世界は小さくなったのだろうか。

地球の大きさは変わらないのに。

地球を小さな世界にしたい人が多くなれば、世界は小さくなったと言われるかもしれないが、それは、世界の一部である。

能登の海でタコを釣ろうと糸を垂らしてみると、その世界は永遠のように感じる。この感じはそこにいないと味わえない。

つまり、「いま・ここ」という感覚は、それを味わっている人以外には味わえない感覚である。

それが、どのような方法で伝えられようと、「ホントウ」の感覚を伝えることはできない。

食べ物や製品が世界で流通しているのは、それによって、何かを得ている人がいるからだろう。

経済は生き物だというのなら、いつまでも成長する生き物はいない。

人間だけが、成長し続けることには無理がある。

世界中の食べ物を食べる必要はあるのだろうか。

小さな世界では、その世界にある食べ物だけで生きていた。

しかし、人間の数は食糧に比例していたが。

70億の人間を地球は抱えていけるのか。

もしかしたら、人間の問題ではなく、地球の問題なのかもしれない。さて、地球はどんな答えを出すのだろうか。

The calls for globalization, Japan is said to be connected to the world, directly involved in the events of life in Japan, Greece and Thailand.

On the Internet around the world "now" is said, the relationship between the world and I became close to Will.

Will the world become smaller.

Unchanged but the magnitude of the earth.

The more people who want a little world globe, the world may be said to be smaller, which is part of the world.

Looking for fishing octopus hanging thread in a sea of ​​Noto, the world feels like an eternity. This feeling of eternity, not in a place that feels.

In other words, "here and now" feeling, other than those who do not feel a sense it is.

It conveyed in such a way as Rareyou what is happening in the field "true" can not convey the feeling.

In circulation in the world of food and products, thereby, because some people are getting something.

If the economy of creatures, creatures that do not grow indefinitely.

Only man, it is unreasonable to continue to grow.

I need to eat food in the world would have.

Small world, lived alone in the world that food.

However, the number of people have increased to more than food.

Earth is 7.0 billion people could we faced.

Maybe not a problem for humans, the Earth might be a problem. Now, the earth would bring about a solution or whatever.

|

« 金沢に来ている | トップページ | はだか »

あいまいの知」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 金沢に来ている | トップページ | はだか »