« テレ | トップページ | »

2011年10月 6日 (木曜日)

言っていることが変わったからと言って、あわてないで

担当者会議に本人が参加した。

当たり前のようだが、本人(サービス受益者)が会議に参加することが少ないのが日本の福祉・医療業界の常識である。

それは、本人には「理解できないから」という理由や、「苦しませたくないから」という理由によることが多い。

本人のためという大義により話し合いが進むのであるが、本人以外に本人の気持ちを分かる人がいないから、高齢になったり認知症になると、どうしても、家族の気持ち(思い)で話が進む。

先日観た「エンディング・ノート」でも、あんなに自分の死を演出しようとしていた主人公の死期が近づいた瞬間、医師と家族が「告知するかどうか」を話し合っていた。

告知すると「ショックが大きい」とか「あの人には耐えられないから」という理由で告知が見送られることが多い。

そうは云っても、社会的な動物である人間は、さまざまな関係の中で生きている。

十数年前、老人施設に入ることになったAさんが、嫁の前では「これでほっとしたわ」と笑っていたが、僕には「私がいない方が残った家族が幸せになるのよね」と、ぼそっと云った。

事実、その方が幸せになるかもしれない。

何が幸せかを考えるとその答えは一様ではない。

全ての物事は「移り変わる」らしい。

今日も、あんなに家に帰りたがっていた幸子さん(仮名)が、「帰らなくてもいいわ」と言っていた。

でも、すぐ、気持ちが変わっていたけどね。

どっちの気持ちもホントウの気持ちなんだろう。

そうして、気持ちが変わるという所に、可能性があり、人間の面白さがあると思う。

I join the important meeting with the parties participated, today.

Per common sense Japan welfare and medical industries in the less before, though, to attend the Conference is the central figure in the discussions.
It is the parties 'ability to understand things "there is no reason or due to reasons that"parties afflicts want not from".
Have understood the parties feeling other than forward discussion by the parties for cause, but no one from Parties senior to become become demented and by all means, forward story in the feelings of the family.
The moment approaches the protagonist had watched the other day ending notes, even so my death the Director tried to time of death, doctor and family was discussing "notified to the parties whether".
"From the doctor and family members to announce"mental shock large or tend to be waived because it "parties can not stand from" notice.
However, humans are social animals, are living in a variety of relationships.
Mr. was ten years ago, facilities for the elderly to go there in front of the bride, but was laughing "in which relieved done" and quietly spoke "but I do not have a bereaved family to be happy of it sounds" and to me.
In fact, that's better happy may become.
And think about what is happy the answer is not uniform.
All things are "transitory" apparently.
Sachiko's (pseudonym ) again today, so was wanting to return home, but see also return would do it "and had to say.
But soon the feelings had changed but I guess.
A feeling of reality which feelings?
And think that "feelings change, human potential and human interest I think so.

|

« テレ | トップページ | »

あいまいの知」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« テレ | トップページ | »