« 母校 | トップページ | 心臓の動きが遅い »

2011年10月22日 (土曜日)

そんなこともあるものだ

今朝、妻と、近所のカフェの話をしていた。

それどこにあるの?

「バス通りを上ったいって、右手のところ。たまにお店の小さな車が走っているでしょ?」

と説明してくれた。

この街に住んで17年になるがそんな、広告が書かれたカフェの車を見たことがない。

「そんな車見たことがないよ?」

「ぼおっとしているからでしょ?」

と言われ、確かにそうだと思った。

大学に行くため、早めに家を出る。

バスに乗り、いつものようにぼおっと窓の外を眺めていると、小さな車が横道から現れた。

それは、もちろん「田園ぽてと」と書かれたカフェの車である。

僕が来るのを待っていたかのように、静かにそして確かに現れた。

もしかすると妻が電話をして、「いま、家を出ましたから、よろしくお願いします」と言ったのだろうか。

その車は、バス通りを抜け、確かに右に曲がって行き、ちゃんと店の前で止まった。

そして、僕の方を見て、「ここですよ」とにっこり言った。

This morning, I had wife and neighborhood Café talking.
I've heard the locations of the Cafe wife?
His wife said. "Cafes, buses up there right hand go. At times, running small car shop, right?
It explained.
I've never seen written ads that I live in this town 17 years Cafe car.
I said, "I have never seen a car like that?
Said his wife, "Paddy Oh then, huh?
I thought my wife said so and certainly seems to be.
Because I go to College early to leave home.
I take the bus when watching the outside paddy oops window as usual in small cars emerged from the sideway.
It is of course "rural am currently" and written Cafe car.
Buses run to come me like waited quietly and certainly showed up.
Maybe the phone my wife said, "now, I get home from thank" you wonder.
The car is bath street, certainly go turn right and stopped in front of the store.

|

« 母校 | トップページ | 心臓の動きが遅い »

あいまいの知」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 母校 | トップページ | 心臓の動きが遅い »