« ロバの美 | トップページ | 雨の日に »

2011年5月 2日 (月曜日)

悩む青年

どうもうまくいかない。

自分を生かす場所が見つからない。

それでいて、本当にしたいことが分からない。

青年Cは悩んでいる。

AとBはどうかと言えば、同じように見えるが、全く違う悩みを抱えている。

一人でいると、大きなものに、なんとなく飲み込まれてしまいそうで怖い。話しやすい仲間とつい一緒にいることが多くなる。

しかし、自分の話をする前に、仲間の話を聞くことが多く、自分のことを云いそびれてしまう。

仲間の話は、自分の悩みに比べれば、小さい。と感じるが、黙って他のことを考えていたりする。

すると、「お前ぐらいだよ、俺の話を黙って聞いてくれているのは」と言われたりする。

時間ばかりがどんどん過ぎ、こんなことをしていたら、何もしないうちに死んでしまうんじゃないかと思う。

こんな時、小説の主人公のように、女に夢中になれたらどんなに幸せかと感じて、ぼーっと星を眺めたりしている。

酒を飲んで全てを忘れようにも、すぐ気持ち悪くなってしまう。

そう、何をするにも中途半端である。

|

« ロバの美 | トップページ | 雨の日に »

あいまいの知」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ロバの美 | トップページ | 雨の日に »